おまとめローンで得をするために注意すること

おまとめローンを利用して得をするためには、何よりも金利に注目する必要があります。おまとめローンは借金の一本化をするだけでも十分に得をするのですが、活用する以上は得をしたいものです。

 

金利に注目し、どこの金融機関を利用すればいいのか、または、どのような場合だと金利は安くなるのか、とうことを理解することで、その方法を知ることができるでしょう。

 

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間※

※はじめての方

 

消費者金融のおまとめローンは会社ごとに金利が違う

おまとめローン専用のコースもある消費者金融は、審査にも通過しやすいですし、即日融資も可能です。

 

ですので、おまとめローンを利用するのならば消費者金融を利用しようと思っておられる方もいらっしゃるでしょう。まずは、消費者金融を利用する際に、金利を安く済ませる方法をご紹介します。

 

金利の違いは会社と金額ごとに違う

消費者金融のおまとめローンを利用する際は、まず自分の借金をまとめた金額がどれくらいかをある程度知っておくといいでしょう。もしも、100万円以上の金額になるのであればプロミスを、100万円以内になる場合はアイフルを利用することをオススメします。

 

下限金利が適用されるか、上限金利が適用されるか

これは、通常のキャッシングの際にも同様ですが、借入金額が小さくなるほど金利は高く、大きくなるほど金利は小さくなります。これを下限金利と上限金利と呼びますが、これは消費者金融ごとに割合が違っているのです。この違いを利用して、自分の借入金額に適した会社を選ぶと、余分な金利を支払う必要が無くなります。

 

プロミスとアイフルの上限金利と下限金利を見てみましょう。それぞれの下限金利は6.3%と12%、上限金利は17.8%と15%となっています。プロミスの下限金利はアイフルのほぼ半分となっているので、違いは明白ですね。上限金利はある程度高くなってしまうものですから、違いはそこまであるわけではありませんが、それでも違いははっきりと表れています。

 

金利はどのくらいから変化し始めるのか

先ほど、どちらを選ぶかの基準の際に100万円という数値を出しましたが、これは正式な数値ではありません。けれども、大体100万円あたりから金利の差が現れ始めることは確かなことです。実際には下限金利が適用されるときは、金融機関がそれぞれ定めている借入金額の上限に達したときだけです。

 

プロミスの場合は300万円、アイフルの場合は500万円のときなので、例えおまとめローンと言えども、これぐらいの金額を借入する機会はそうそうないでしょう。ですが、金利差を逆算すれば、大体どれくらいで金利で違いが発生するかは分かります。詳しい計算などは省きますが、その金額が100万円ということになるのです。

 

一番得をするのは銀行のおまとめローン

消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利が安い、ということはもちろんおまとめローンの際にも適用されます。しかし、銀行はおまとめローンをあまり積極的に取り扱ってはいません。そのために、おまとめローンを行う際の審査は非常に厳しいものになりますし、審査時間も相当かかってしまいますから、即日融資をしてもらえる可能性はほとんどありません。

 

おまとめローンの際も、どちらを選ぶかは殆ど同じで、早く借入したいのか、それとも金利をどうしても下げたいのか、ということを考えるといいでしょう。どちらかを取ってどちらかを捨てることになりますので、自分自身がどちらを重視したいかを決めておけば、おのずと答えは見えて来るでしょう。

 

おまとめローンを利用する際の注意点

おまとめローンを利用して、金利率は下がったから、支払金額は絶対に下がる、という訳ではありません。おまとめローンを利用する際に金利と共に注意すべきなのは、どれくらいの返済期間になるかです。金利率は下がったけれども、返済期間は長くなってしまったので、一本化しなかった場合よりも余分に支払いを行ってしまった、というケースは非常に多いのです。

 

ですので、どれくらいの返済期間が掛かるかを予想して、借入先の金利率からどれくらいの金額になるかを逆算しておかなければ、損をしてしまう場合があります。そうならないように注意して、少しでも得をするようにおまとめローンを利用した方がいいでしょう。

おまとめローンは銀行と消費者金融どちらがいい?

借金が複数社に及んでしまっているのであれば、おまとめローンで一本化するとお得です。ひとつにまとめると金額も当然大きくなるので、なるべく金利の安いところで借り換えたいところです。

 

金利が安いといえば銀行とすぐに思いがちですが、おまとめローンに関しては必ずしもそうとはかぎらない場合があるのでよく比較してみるといいかもしれません。

 

一本化して総額いくらになるかがポイント

まず数ある借金の残高がいくらあるかを確認しなければなりません。もし総額が100万円以下なのであれば意外と銀行より消費者金融の方がお得になる可能性があります。おまとめローンという名目の金融商品をあつかう銀行はあまりなく、有名なところだと東京スター銀行があり、金利も5.8%から14.8%で1000万円まで最大で借り換える事ができます。

 

その他の銀行でおまとめローンは特にありませんが、カードローンで借り換える事ができます。金利もやはり14%前後となっていて、この場合は借金が一本化できますが、あくまでもカードローンなのでキャッシング機能も付いてくるという意味で、純粋なおまとめローンとは違いがあります。

 

何社にもわたって借金をしているという段階で、お金の管理がルーズになってしまっている人もいます。そのような状態でせっかく借り換えをしても、キャッシングがさらにできてしまう状態だとさらに借りてしまって借金が減らなくなってしまう恐れもありますので気をつけなければなりません。

 

もしまとめても100万円ぐらいなのであれば、消費者金融のおまとめローンはおすすめです。書飛車金融だから金利が高いのではと考えたくなりますが、各社おまとめローンという専用の金融商品があって、金利も通常のキャッシングより安く、最大で15%前後と銀行のカードローンとほとんどかわらない金額になっています。

 

一本にまとめた金額で借りた時に適用される金利が最大金利になるようであれば、どちらで借り入れてもあまり変わらないという事なのです。銀行カードローンの最大金利はおおむね14%前後が多いのですが、オリックス銀行やじぶん銀行では17%台と高くなっています。最大金利が高い分下限金利は他の銀行より安いので、高額の融資を受けたい場合に向いているでしょう。

 

総額が300万円ぐらいなると

借金をまとめた総額が300万円あった場合に借り換えると、金利はどうなるでしょうか。借金は額が大きければ適用される金利も安くなりますので、ある程度まとまった額になると銀行と消費者金融でも差が出るようになってきますが、300万円ぐらいだとむしろ消費者金融の方が低金利の場合があります。この場合、消費者金融のプロミスで6.3%、その他銀行で7〜8%台と、おまとめローンとなると消費者金融の方が安くなります。

 

300万円以上になるのであれば銀行に相談を

高額の融資であればやはり銀行で借りた方が金利は安くなります。おまとめローンというものはないので、さらなるキャッシングに注意が必要ですが、多重債務になってしまうとなかなか借金が整理しにくくなってしまっていつまでも支払い続ける事になりかねません。多重債務で借金が高額になってしまったら、まずは少しでも減らすようにしていくようにしましょう。

 

消費者金融の総量規制は?

消費者金融を利用している人は、総量規制の事をご存知かもしれません。総量規制とは消費者金融などの貸金業者に適用される法律で、融資は年収の3分の1までと明確に決まっています。その考え方だと、300万円まとめて借り換えるには900万円の年収が必要という事になってしまいます。

 

そうなるとある程度まとまった金額になりがちなおまとめローンなんてできるだろうかと疑問に思うかもしれませんが、おまとめローンは総量規制の対象外として扱われるので、消費者金融であっても年収に左右される事がありません。

 

審査に通りやすいのは消費者金融

借金の一本化で審査に通りやすいのはやはり消費者金融の方です。おまとめローンは返済専用となるので、新たにキャッシングをする事はできずとにかく残高を減らしていく事になりますので、本気で借金を減らしたい人はぜひ利用していただきたい金融商品です。

 

借金を一本化したい人は既に多重債務状態ですから、銀行でカードローンに借り換えるにしても審査はより一層慎重になってしまうのは仕方のない事です。一本化したくても審査にすら通らなくなってしまうともう債務整理しか方法がなくなってしまいますので、金融事故等を起こしておらず、収入も安定して得られているのであれば、審査を受けられるその状態のうちになるべく多重債務を解消して、生活をしっかりと立てなおすようにしたいものですね。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日